こんな遺伝子、もういや!永久脱毛しても子供にも遺伝するし・・・

「毛深い」と言うこの言葉が大嫌いです。
小学生の頃から何度も言われ、何で私は毛深いのだろうと悩まされた言葉だからです。

 

私の家は母方が毛深く、父方は薄いです。
母の父(祖父)が凄く剛毛で、足の甲や足の指、手の甲と指にまで濃くて太い毛が生えており、脛毛も太い毛が生えていたのを覚えてます。

 

母は三姉妹なのですが、三人とも膝下と腕は長い毛が生えており、季節に合わせて剃ったりしていました。

 

父は髪の毛はフサフサなのに、脇毛と髭と腕毛が殆ど無く脛毛があるぐらいで本当に羨ましいです。

 

兄も父に似たようで、父と同様で髪の毛だけフサフサで他の体毛は交換してもらいたいぐらい少ないです。

 

不思議なことに、私の息子も父と兄と同様の状態で髭は剃らないで毛抜き抜く程度です。

 

そして、私は母方の血が濃いようで腕、足と長い毛が生えていました。
油断すると指毛も生えます。

 

何より嫌だったのが太股に生えている毛でした。
膝下ほど長い毛ではありませんが、おじさんの足みたいで太股の毛が一番の悩みだったのです。

 

大人になってレーザー脱毛するまでは、体毛の処理に時間を使うのが面倒で仕方ありませんでした。

 

彼氏と出かければ毛が気になり、レーザー脱毛するまで剃刀は私の携帯品でした。

 

もし、息子が結婚をして娘が生まれ毛深い子だったら可哀想だなと最近思う私ですが、遺伝だとしたら阻止できない現実で悲しいです。

 

永久脱毛、全身脱毛@高崎のおすすめ トップへ

ページの先頭へ戻る